秘密基地、アンテロープキャニオン-X!!

ラスベガスからの日帰りツアーで大人気、光のビームで有名なアンテロープですが、今回紹介するのは、
アッパーでもロウアーでもないアンテロープキャニオンX!!

アンテロープの始まり地点にあるアンテロープキャニオンX。
あまり知られていませんが、ツアーも出ているこの観光スポット。
ノースキャニオンとサウスキャニオンがあり、両方同じツアーで行くことができます。

トレイルを歩いて行くとその先には・・・

こんな景色や

さらには、こんなに神秘的な光景まで!!

しっかり堪能することができます!
アッパーもロウアーも、もう行ってしまったという方にもぜひおすすめしたい場所です!
一味違ったアンテロープを楽しめます!!

アンテロープからグランドキャニオンまで、ツアーの事ならぜひ当社にお任せください!
https://www.newseekerzlasvegas.com/contents6.html

新春スペシャル、デスバレー国立公園に行こう!

今回ご紹介したいのは、今ひそかに人気のデスバレー国立公園。
ゴールドラッシュの開拓者が夏場、その過酷な地を通り抜けるときデスバレーで命を落とし無事そこから脱出した際に「Goodbye Death Valley、さらば 死の谷」と言ったことからその名がついたと言うデスバレー国立公園。
ラスベガスから2時間程で行ける場所にあります。
デスバレーの素晴らしいところは、各ビューポイントに変化があり、国立公園にありがちな似通った風景であまり記憶に残らないというようなことがないところです。

ポイントの一つのバッドウォーターは、西半球でもっとも標高が低い所で地面を覆う真っ白な大塩原の美しさは見ものです。

アーティストポイントでは鉱物資源によって変化した青、緑、赤、紫と絵具のバレットのように色鮮やかな山肌が見られます。
鉱物資源は、赤い色はMICA(マイカ)ラテン語で輝くの意味、日本語では雲母というそうです。白く見えるのはBORAX(ホウ砂)で耐熱ガラスの材料となります。

また、面白いのがこの岩!マッシュルームロックと言い、火山でできた岩なんです。形がほんと、マッシュルーム見たいですね(笑)この場所は見落としそうになる所にあるので、見逃さないように注意が必要です!

そして、とぉっっってもお勧めなのがダンデスビューからの絶景!

バットウォーターの大塩原を見下ろせるポイント、地球の偉大さをアメリカの広大を目のあたりにできる素敵な場所です。
このデスバレー公園、夏は50度近くにもなる灼熱地獄の地、車がオーバーヒートなんてしたら、死活問題、それなので観光するには冬場の今が超お勧めなんです!
そこで、NewSeekerzでは2018お年玉新春スペシャルを企画いたしました(*^-^*)
こちらの新春スペシャルデスバレー国立公園日帰りツアー
通常大人1名様$200のところ、2月末まで半値の1名様$100でご案内いたしております。
この時期、ラスベガス旅行をご計画の皆さま、是非この機会をお見逃しなく!!!

明けましておめでとうございます!

2017年を締めくくるカウントダウン。
ラスベガスにも、沢山の人が訪れました。
大賑わいのストリップから離れて、今回訪れたのはレイクラスベガス。
ストリップからは約30分ほどの場所にある、レイクミードのすぐ近くにある小さなリゾート地(?)です。

ホテルの中には、クリスマスツリーと巨大ベアが!

ストリップほどではありませんが、地元のご近所さんであろう方々が沢山訪れていました。

カウントダウン間近になると、皆さん水辺に集まります。

ストリップほどのお祭り騒ぎはないものの、とてもきれいな花火を見ることができました。

花火は見たいけれど、ストリップの人混みにいくのはちょっと・・・という方にぜひおすすめの場所です。

 

2018年が、皆さまにとってより一層素晴らしい年となりますように。
お客様に最高の思い出を作っていただけるよう、全力を尽くして頑張っていきますので、本年も New Seekerzをよろしくお願い致します。

当社ツアーはこちらからどうぞ

ラスベガスと言えばバフェ!

ラスベガスに来たからには、一度は行ってみたいバフェ。
洋食、ステーキ、イタリアンのみならず、中華にお寿司、デザートまでありとあらゆるものが食べられます。

ラスベガスのバフェの中でも、人気の一つがシーザースパレスにあるバッカナルバフェです。

広くて明るい店内。
お昼を過ぎた、遅い時間でしたが沢山の人で賑わっていました。

 

所狭しと並ぶ、お料理の数々!

何を食べようか迷ってしまうくらい!
もちろんアメリカらしい、お肉の塊も!

生ハムにチーズまで、種類も豊富にあります。

そして、女子に嬉しいのがデザート。
小ぶりのカップに入っているので、色んなデザートを少しづつ楽しめます!

お値段は
ウィークエンドブランチ $54.99
土日ブランチ $59.99

ウィークエンドディナー $64.99
金土日ディナー $69.99

バフェにしては少しお値段が高めですが、種類も多く、お料理の質もとてもいいので、きっと日本からいらしたお客様も楽しめるのではないかと思います。

何を食べようか迷った時は、ぜひホテルのバフェをお試しになってみてはいかがでしょう?
当社ツアーはこちらからどうぞ

 

グランドキャニオンのおすすめポイント

いつも沢山の観光客でにぎわっているグランドキャニオン。
その中でも、ひときは目立っているのがこちらのウォッチタワーです。

デザートビューポイントにあるこの建物、他にはビジターセンター、お土産屋さんなどもあります。

2階部分には、外へ出ることができる天文台。3階部分は中にある天文台。

谷底を流れるコロラド川と、壮大なグランドキャニオンを一望することが出来ます。

ウォッチタワーにある珍しいものがこちら。

なんと天井部分には、ホピ族の不思議なレリーフが。
このほかにも、

このような大きな壁画がいくつもあります。
ホピ族のアーティスト、フレッド・カボティーによって、ホピ族の神話や宗教儀式などが描かれたものだそうです。
見れば見るほど、不思議で神秘的な気分になります。

そしてもう一つの人気スポットは、マザーポイント。
ウォッチタワーからも、歩いて行ける距離にあります。
日の出を見る絶好のポイントとして有名なこちら。もちろん日の出だけでなく、一日を通して素晴らしい景色を楽しめます。

こちらのポイントは、岩の上に登って写真を撮るのが人気のようで、岩の前には皆さん記念の一枚を撮ろうと順番待ちをされていることも。

グランドキャニオンに行かれた際には、ぜひこれらのおすすめポイントを訪れてみてはいかがでしょう?
新たな発見があるかもしれません!
グランドキャニオンのツアーはこちらから

 

 

 

アリゾナのハリウッド、セドナ。

グランドキャニオン、アンテロープに次ぐ人気観光スポットセドナ。
パワースポットとしてだけでなく、癒しを求める人にとっても人気の場所です。

数々あるスポットの中でも、個人的に一番好きな場所がこのクレセントムーンランチ。
オーククリークの川のせせらぎを聞きながら、カセドラルロックを眺められる最高の場所です。

四季によって、色々なカセドラルロックを見ることができます。

セドナの中心地であるアップタウンでは、沢山のアートやかわいらしいお店を目にします。

こちらは、クリスマスの巨大オーナメント。
夜になるとライトアップされます。

待ちの通りには、所々に銅像もあります。

パワースポットの一つでもある、ホーリークロスチャペル。
高台にあるため、ここからの眺めも最高です。

そして、意外と知られていないのが
1950、1960年代は、セドナはアリゾナのハリウッドとして、数々の映画の撮影地に使われていました。

こちらの俳優さん、女優さんは、1950年代「ストロベリーローン」という映画に出ていた方々。

こちらは、「ジョニーギター」という映画に出ていた俳優さん。

このほかには、1968年「ステイアウェイジョー」
この映画には、なんとあのエルビスプレスリーが出ていたそうです。

パワースポット巡りの休憩に、ぜひ映画の撮影場所を訪れてみてはいかがでしょう。
色々なセドナの顔が見れるかもしれません。

弊社でも、日帰りから一泊までいろいろなセドナツアーをご用意しています。
ぜひ皆様のご参加、お待ちしております!
セドナツアーはこちらから

 

 

カウボーイクリスマス in ベガス カウボーイグッズ編

12月のラスベガス恒例コンベンション、カウボーイクリスマス。
会場では、所狭しとカウボーイカウガールファッションのお店が並んでいます。
今回は、ファッション以外の商品をご紹介。

こちらはエルク(アメリカアカシカ)のはく製。
仕留めた人、団体の名前、場所、どのように何を使って仕留めたかなどなど
細かく説明が書かれています。

そして商品ではないですが、ちびっこも喜ぶものがこちらのロデオマシーン!

大人顔負けの乗りこなしをみせるちびっこも多いことに驚きです。
子供のみならず、大人も挑戦してみたいゲームですね。

こちらは、馬を運べるキャンピングカー。
一見狭そうですが、中は大人でものんびりくつろぐことが出来る広さです。

ヤマハのスポーツオフロードバギー。
カウボーイの方たちの、趣味、楽しみの一つでしょうか。

そして、車好きにたまらないのがこちら!

シボレー シルバラドパケージZ71バージョン ピックアップトラック!
かっこいいです!!

さらに

2017 シボレー シルバラド 2500HD ミッドナイトエディション
6.6リッター 445馬力 ディーゼルターボ
車好きには、まさに喉から手が出るほど欲しい車!

お次はこちら。
シボレー シルバラド パケージフルスペックバージョン!

車のご購入を考えてらっしゃる方、、ぜひこの展示会場で検討されてはいかがでしょうか。

カウボーイならではの商品、こちらは子供用のサドル。

なんともかわいらしいサドルです。
子供のころから、馬と接しているのですね。

展示会場の一角では、こんなイベントも行われています。

馬に乗ったカウボーイ2名が、ロープを投げ牛の手と足を捕まえるタイムを争うこの競技。観客席では、ご家族やお友達が見に来ているのか、各選手のタイムが発表されるたび歓声が沸き起こります。
やはりカウボーイ、馬に乗る姿が様になっていて、みなさんとても素敵でした。

ファッションから車まで、ありとあらゆるものが揃ってしまうこのコンベンション。
ラスベガスでは、毎年12月の初めに行われます!
来年12月に、ラスベガスに旅行のご予定がある方は、ぜひこのカウボーイクリスマスを訪れてみてはいかがでしょう。
日本ではなかなか見ることのできない、カウボーイ、ウエスタングッズを見ることができます!!

当社ツアーはこちらからどうぞ

 

カウボーイがラスベガスにやってくる!ファッション編

12月のラスベガス恒例行事といえば、ロデオ!
ラスベガスにアメリカ中から沢山のカウボーイが集まります。

ウエストゲートホテル近くのコンベンションセンターで開催されるこの展示会、中に入るとまずはクリスマスツリー。

とても広い会場に、多くのお店が所狭しと並んでいます。

訪れている多くのお客さんは、カウボーイハットにウエスタンブーツといういで立ち。
ブーツをはじめ、洋服にアクセサリー、車まで、ありとあらゆる商品が売られています。

ウエスタンブーツといえば、黒や茶色だけかと思いきや、近年ではこんなにカラフルで色々なデザインのブーツがあることに驚きです!
これなら女性もおしゃれを楽しめますね。

革製品の物も多く、そのほとんどは手作りのようです。

こちらは、なんともかわいらしいのが赤ちゃん用のウエスタンブーツ。
まるでお人形の靴!

12月ということもあってか、家族や友達へのクリスマスプレゼントにお買い物をされる方も多いようです。

そして、驚いたのがこちら!

カウガール仕様(?)のルイヴィトンです!!
フリンジや皮ひもなどをつけて、素敵にリメイクされたこのバッグ。
世界で一つだけの、特別なバッグになること間違いなし!

赤ちゃんから大人まで、年代性別問わず楽しめる展示会でした。
今日ご紹介したのは、ほんのごく一部のファッション編。
この他にも、日本では珍しい商品が盛り沢山。
次回はカウボーイグッズをご紹介したいと思います。
お楽しみに!

当社ツアーはこちらから

 

新たな観光スポット!

見どころ満載のラスベガスですが、今回ご紹介するのは大通りから車で約20分。カリフォルニアに行く途中の15号線から見える新たな観光名所
「セブンマジックマウンテン」

砂漠の中に突如現れる、カラフルな岩のアートです。

合計7つのカラフルに彩られた奇妙な形の岩。スイス人アーティストのユーゴ・ランディオーン(Ugo Rodinone)氏が作成したパブリックアートです。

自然界に興味があり、バランシングロックとHooDooからインスピレーションを受けて作られたというこの作品。

石は近くの石灰岩からとっており、オブジェの高さは10メートル前後。
一つの岩の重さが、なんと平均18トン。
近くで見ると、鮮やかなネオンカラーと大きさに圧倒されます。

ファッション誌などの撮影もたびたび行われていたこの場所。
最近では、ローラさんのインスタグラムでも取り上げられていました。

何もない砂漠と青空、そしてネオンカラーとのギャップが見る人の興味をひきつけます。
残念なことに、この作品は2年間限定の2018年の5月まで!!
インスタ女子もそうでない方も、ぜひこの期間に訪れてみてはいかがでしょう?
素敵な写真が撮れること間違いなしです!

当社ツアーはこちらからどうぞ

ナバホ族の聖地 モニュメントバレー

モニュメントバレーは、ユタ州からアリゾナ州にかけて広がる地帯一体の名称で、古くからのナバホ族居住地域で、居留地となった現在では、その一部はナバホ族管轄のもと一般に開放する形で公開されており、ナバホ族の聖地としても有名でアメリカ国内や海外からも観光客が多く訪れる人気スポットです。
ここは色んな映画の撮影場所としても有名で、古くはアメリカ西部劇の映画監督ジョン・フォードが好んでモニュメントバレーを舞台とした映画撮影を行っています。その中でも「駅馬車」は西部劇の名作として有名ですね。

トム・ハンクス主演のフォレストガンプでも、ここモニュメントバレーが撮影場所として利用されています。主人公フォレストガンプがひたすらまっすく続く道を多くの人を引き連れて走っている最中にふと立ち止まり「俺、もう帰る」といったシーンです。覚えてますか?

その他、バックトゥザフューチャー3にもモミュメントバレーが出てきます。そんな数多くの映画撮影に利用される理由は、絶景が広がり自然の驚異と迫力を感じさせられる場所だからでしょうか。

また、モニュメントバレーから見る朝日は、とてつもないエナジーを感じさせてくれます。まさしくパワーエナジースポット!

広大なモニュメントバレーから上る朝日はパワーとエネルギーに満ちて素晴らしい1日の始まりを感じさせてくれます。
朝日観賞のためには、モニュメントバレーで宿泊しなければいけませんが、ご心配なく当社にはアンテロープキャニオン、モニュメントバレー、グランドキャニオンの人気3大スポットを巡る1泊ツアーでは朝日観賞がございます。日帰りで巡るツアーも大好評で人気ツアーですが、少し日程に余裕がある方は、ぜひ朝日観賞ができる1泊2日ツアーを!
大変お勧めですよ!!!

モニュメントバレーツアーはこちらから