ナバホ族の聖地 モニュメントバレー

モニュメントバレーは、ユタ州からアリゾナ州にかけて広がる地帯一体の名称で、古くからのナバホ族居住地域で、居留地となった現在では、その一部はナバホ族管轄のもと一般に開放する形で公開されており、ナバホ族の聖地としても有名でアメリカ国内や海外からも観光客が多く訪れる人気スポットです。
ここは色んな映画の撮影場所としても有名で、古くはアメリカ西部劇の映画監督ジョン・フォードが好んでモニュメントバレーを舞台とした映画撮影を行っています。その中でも「駅馬車」は西部劇の名作として有名ですね。

トム・ハンクス主演のフォレストガンプでも、ここモニュメントバレーが撮影場所として利用されています。主人公フォレストガンプがひたすらまっすく続く道を多くの人を引き連れて走っている最中にふと立ち止まり「俺、もう帰る」といったシーンです。覚えてますか?

その他、バックトゥザフューチャー3にもモミュメントバレーが出てきます。そんな数多くの映画撮影に利用される理由は、絶景が広がり自然の驚異と迫力を感じさせられる場所だからでしょうか。

また、モニュメントバレーから見る朝日は、とてつもないエナジーを感じさせてくれます。まさしくパワーエナジースポット!

広大なモニュメントバレーから上る朝日はパワーとエネルギーに満ちて素晴らしい1日の始まりを感じさせてくれます。
朝日観賞のためには、モニュメントバレーで宿泊しなければいけませんが、ご心配なく当社にはアンテロープキャニオン、モニュメントバレー、グランドキャニオンの人気3大スポットを巡る1泊ツアーでは朝日観賞がございます。日帰りで巡るツアーも大好評で人気ツアーですが、少し日程に余裕がある方は、ぜひ朝日観賞ができる1泊2日ツアーを!
大変お勧めですよ!!!