可愛い街、ボルダーシティ

メモリアルディを過ぎ、ラスベガスもいよいよ夏本番に突入、日に日にジリジリと暑くなってきました。
そんな中、ラスベガスから40分程のお洒落なボルダーシティの街を散策。ここはフーバーダムに行く途中にあるこじんまりとした緑の多い可愛いシティなんですよ☺
そして、ちょっと前に大ヒットした映画「LA LA LAND」にもでてきます。エマ・ストーン演じる主人公ミアの故郷がこのボルダーシティなんです。
映画では、ボルダーシティの図書館前で、ミアとセバスチャン役のライアン・ゴスリングと再会する場面が出てきます。その図書館を探すのも映画ファンなら楽しいかもしれませんね。☺



ボルダーシティのダウンタウンでは、古き良きアメリカを感じながらアンティークショップ巡り、ステキなBreweryもあるので出来立てビールも味わうことも!





カフェやダイナーは、アメリカ~ンな雰囲気でお味もサイズもNiceなハンバーガーを味わます(^^♪
このコールスローとっても美味しかったですよ!

街にはアートな像もいたるところにあり、インスタ映えすること間違いなし!!
ぜひ、機会があればボルダーシティ散策、お勧めです!

ラスベガス発着のツアーの事ならNewSeekerzにお任せ

空中を散歩しよう、スリリングなスカイウォーク

グランドキャニオンウエストリムにあるスリルを味わえるスカイウォーク
インディアンのワラパイ族のテリトリーにあります。
日本人観光客には、まだまだ認知度が低いようですがヨーロッパや日本以外のアジア人観光客でけっこう賑わっているところなんです。
何と言っても人気の理由がスカイウォーク。グランドキャニオンの絶壁から突き出たU字通路の床がガラス張り。そうです、グランドキャニオンの谷底を観ながら空中散歩!!
スリル満点で、高所恐怖症の方には罰ゲーム的なアトラクションが大人気なのです。

このスカイウォークでは、荷物を預け入れるのでご自分のカメラや携帯での撮影はできませんが、専属のカメラマンが撮影販売しています。
もちろん購入しなくても大丈夫です。
カメラに収められない分は、心のメモリーに感動の景色をに焼き付けてください(*^-^*)
公園内はシャトルバスが運行していますので、各ポイントをバスで移動。
岩が鷲が翼を広げたように見えるイーグルポイント。

どうです、わかりますか?見えますよね。
このツアーの魅力は他にもあります。それは何と言ってもラスベガスからの距離。2時間程で行けちゃうんです!
なので、長時間のツアーは「ちょっと苦手、でもグランドキャニオンの絶景は絶対は見たいわぁ」という方に超おススメです。
公園内のレストランでの昼食も付いてるので、ゆっくり観光も出来るのも嬉しいですね。ここからの眺望もこれまた素晴らしいのです。
そしてまたまた素晴らしいのが、公園内観光でヘリコプターで1200メートル下のコロラド川まで行き、そこからボートに乗り川下りをするツアーもあるんです!
ボートに乗って渓谷の下から見えるキャニオンの景色は、一味違った感動を味わえます。


スカイウォークにヘリコプター&ボートで陸、川、空を制覇できるグランドキャニオンウエストリムツアー、当社の隠れ人気ツアーです。
それになんと今、新春キャンペーン中でお得な料金でご案内中♪♪♪
この機会に是非、体験してみてください!

グランドキャニオン ウエストリム+ヘリ&ボート+スカイウォーク

グランドキャニオン ウエストリム+スカイウォークツアー

 

新春スペシャル、デスバレー国立公園に行こう!

今回ご紹介したいのは、今ひそかに人気のデスバレー国立公園。
ゴールドラッシュの開拓者が夏場、その過酷な地を通り抜けるときデスバレーで命を落とし無事そこから脱出した際に「Goodbye Death Valley、さらば 死の谷」と言ったことからその名がついたと言うデスバレー国立公園。
ラスベガスから2時間程で行ける場所にあります。
デスバレーの素晴らしいところは、各ビューポイントに変化があり、国立公園にありがちな似通った風景であまり記憶に残らないというようなことがないところです。

ポイントの一つのバッドウォーターは、西半球でもっとも標高が低い所で地面を覆う真っ白な大塩原の美しさは見ものです。

アーティストポイントでは鉱物資源によって変化した青、緑、赤、紫と絵具のバレットのように色鮮やかな山肌が見られます。
鉱物資源は、赤い色はMICA(マイカ)ラテン語で輝くの意味、日本語では雲母というそうです。白く見えるのはBORAX(ホウ砂)で耐熱ガラスの材料となります。

また、面白いのがこの岩!マッシュルームロックと言い、火山でできた岩なんです。形がほんと、マッシュルーム見たいですね(笑)この場所は見落としそうになる所にあるので、見逃さないように注意が必要です!

そして、とぉっっってもお勧めなのがダンデスビューからの絶景!

バットウォーターの大塩原を見下ろせるポイント、地球の偉大さをアメリカの広大を目のあたりにできる素敵な場所です。
このデスバレー公園、夏は50度近くにもなる灼熱地獄の地、車がオーバーヒートなんてしたら、死活問題、それなので観光するには冬場の今が超お勧めなんです!
そこで、NewSeekerzでは2018お年玉新春スペシャルを企画いたしました(*^-^*)
こちらの新春スペシャルデスバレー国立公園日帰りツアー
通常大人1名様$200のところ、2月末まで半値の1名様$100でご案内いたしております。
この時期、ラスベガス旅行をご計画の皆さま、是非この機会をお見逃しなく!!!

ナバホ族の聖地 モニュメントバレー

モニュメントバレーは、ユタ州からアリゾナ州にかけて広がる地帯一体の名称で、古くからのナバホ族居住地域で、居留地となった現在では、その一部はナバホ族管轄のもと一般に開放する形で公開されており、ナバホ族の聖地としても有名でアメリカ国内や海外からも観光客が多く訪れる人気スポットです。
ここは色んな映画の撮影場所としても有名で、古くはアメリカ西部劇の映画監督ジョン・フォードが好んでモニュメントバレーを舞台とした映画撮影を行っています。その中でも「駅馬車」は西部劇の名作として有名ですね。

トム・ハンクス主演のフォレストガンプでも、ここモニュメントバレーが撮影場所として利用されています。主人公フォレストガンプがひたすらまっすく続く道を多くの人を引き連れて走っている最中にふと立ち止まり「俺、もう帰る」といったシーンです。覚えてますか?

その他、バックトゥザフューチャー3にもモミュメントバレーが出てきます。そんな数多くの映画撮影に利用される理由は、絶景が広がり自然の驚異と迫力を感じさせられる場所だからでしょうか。

また、モニュメントバレーから見る朝日は、とてつもないエナジーを感じさせてくれます。まさしくパワーエナジースポット!

広大なモニュメントバレーから上る朝日はパワーとエネルギーに満ちて素晴らしい1日の始まりを感じさせてくれます。
朝日観賞のためには、モニュメントバレーで宿泊しなければいけませんが、ご心配なく当社にはアンテロープキャニオン、モニュメントバレー、グランドキャニオンの人気3大スポットを巡る1泊ツアーでは朝日観賞がございます。日帰りで巡るツアーも大好評で人気ツアーですが、少し日程に余裕がある方は、ぜひ朝日観賞ができる1泊2日ツアーを!
大変お勧めですよ!!!

モニュメントバレーツアーはこちらから

古き良きアメリカを体験できる街セリグマン

ラスベガス発着のグランドキャニオンツアーなどの途中にあるルート66、ヒストリックルートの街、セリグマン。最近では、映画「カーズ」のモデルとなった街としても有名ですね。

I-40をセリグマンの町で降りると見えてるくるのが、クラシックカーやオールディーズで個性的なお土産屋さん。町の店員?住民?いゃ妖精か?がお迎えしてくれます(笑)



見てください、この色使い!さすがアメリカ。ボップです。
ここのお土産さんは、ルート66にちなんだものが多くあって日本へのお土産にも喜ばれています。
町全体がこんな感じなので、写真スポットも至る所に!どこを撮ってもインスタチック、お洒落な写真が撮れること間違いありません。

セリグマンはツアー途中の休憩に丁度よい区間にあり、各グランドキャニオンツアー会社が立ち寄ったりするため結構、いろんな国の観光客がいます。
至る所にヒストリックルート66のサインが掲げてあり、古き良きアメリカを感じることができます。
もちろん、ラスベガス発着を扱う当社ツアーでもグランドキャニオンが入る日帰りツアーや宿泊ツアーでは、このセリグマンにほぼ立ち寄ります。インスタチックで、フォトジェニックなオールドアメリカンの世界を体験してください。

当社ツアーはこちらからどうぞ

世界遺産のグランドキャニオン

アメリカのアリゾナ州北西部にあり、同国で大人気の観光スポット。世界遺産にも登録されています。アメリカでも最も古い国立公園のひとつで、20億年から2億5千万年前の地球の地層が観察できる場所です。
コロラド川が大地を削り始めてから、現在の姿になるまでの歴史は、約6000万から7000万年前で地殻が隆起し、約4000万年前からこの地殻をコロラド川が浸食することから始まります。なので、グランド・キャニオン国立公園は、数千万年という年月が経過し現在に至ります。その壮大な年月の歴史と壮大な景色を目の前に見ることができる貴重な場所です。

年間を通してアメリカ国内だけではなく世界中から観光客が絶え間なく訪れるアメリカの人気スポット。一生に一度は行ってみたいそんな場所のひとつです。

“世界遺産のグランドキャニオン” の続きを読む

バームクーヘン柄のアンテロープキャニオン

アリゾナ州の街ページから20分程の場所にあるアンテロープキャニオン。当社のツアーでは、ロウワーを利用いたします。
アンテロープキャニオンはナバホ族のテリトリーとなるため、ナバホ族のガイド無しでは見学することが出来ません。まずロウアーキャニオンに到着したらツアーガイドのオフィスでチェックイン。

その後、だだっ広い平野にポツンと建てられた看板を通りロウアーキャニオンへ出発です。写真でご覧いただけますが、道のりは赤土の舗装されてない道を行きますので、ツアーに参加される方は履きなれた運動靴などがお勧めです!新品の靴はなるべく避けましょう。

“バームクーヘン柄のアンテロープキャニオン” の続きを読む